読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

檻の中の世界。

ただの惚気。されど惚気。

「落選」の二文字で鍛えられた私のメンタルの話。

始めてジャニーズのコンサートに応募したのは

『関西ジャニーズJr. X'masコンサート 2013』

 

その時私は、今ほどジャニーズのコンサートについてよく分かっていなかった。

「ジャニーズだから行くのは難しいだろうな。

当たるといいな。淳太君に会えるといいな。」

程度でしか考えていなかった。

 

その時既に淳太くんを応援して5年程が経過。

 

「コンサートに行きたい」

と言わない私を見て、母が何を思ったのか

『コンサート行ってみないの?』

と言われ、ちょうどその時に決定したのが

X'masコンサート2013だった。

 

 

〜少しだけ余談〜

コンサートに行きたいと言わなかった理由。

それは、応募の仕方が分からなかったから。

前にも言った通り、今ほどジャニーズのコンサートの仕組みを理解してなかった。

コンサートに行かなくても、その時淳太くんはちょくちょくメディアに出ていたので私はそれで満足していた。

 

 

話は本題に戻る。

 

 

「生の淳太くん見れるかもよ」

という母の言葉に揺れ動いた私。

 

母が応募の方法を調べてくれて

私はX'masコンサートに応募する事が出来た。

 

母「ジャニーズだから当たらないかもね」

私「まぁ当たればラッキー程度で考えとく」

 

と、今では考えられないような会話を交わし

日はいつも通り過ぎて行った。

 

 

そして迎えた当落発表の日。

結果は、残念ながら落選。

 

仕方ないなと、落ち込むことなく

すんなり当選結果は受け入れた。

 

 

…ここから私のメンタル強化合宿がスタート。

 

 

 

それから順調に中間担に磨きをかけます。

 

ジャニーズWESTCDデビュー決定!!

は、人生でいちばん泣いた瞬間だと思います。

 

 

dgsks(だがしかし)

 

・なにわ侍 ハローTOKYO!!

・なにわともあれほんまりありがとう

・デビュー記念イベント

・台風n Dreamer

 

など…

 

 

ジャニーズWESTが沢山のイベントを開催。

もちろん、全部応募したが見事に全部落選。

 

「恐るべしCDデビュー……」

と、さすがに落ち込みました。

 

その時の私はオタクに磨きがかかり

見れば見るほど淳太くんの沼にドボンしていき

「会いたい!淳太くんに会いたい!!」

が口癖になっていました。

(X'masコンサートの時の私はどこへやら…)

 

そんな私の願いも虚しく、デビューが決まった2014年に行われたイベントは見事に全滅。

トホホ………

 

 

・一発めぇぇぇぇぇぇぇ!

・なにわ侍 団五郎一座

・1st tour 「パリピポ」

 

 

 2015年も色々なイベントがあった。

 

2015年はファーストツアーライブも成功させた飛躍の年だったような気がする。

 

……が、それらも見事に落選。

 

「 お母さん…今日学校休むわ… 」

と、漫画のように落ち込みました。

 

うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!

なんで当選しないんだぁぁぁぁ!!!

 

と、アホみたいに荒れ狂いました。

(あれは我ながらアホだったわ…)

 

うぅ…団五郎一座…行きたかったよぅ…

淳太くんの殺陣…見たかったよぅ…。

 

 

もしかしてこれは

オタ卒しろという合図なのか…?

 

とも考えましたが

もちろんオタ卒はしません。

 

 

・ラッキィィィィィィィ7

・嵐のワクワク学校

 

 

この頃になると

「はいはい。分かってましたよ。

落選ですね。家で大人しくしときます。」

と、開き直れるように。(正しくは静かに怒れるようになった)

 

グサッと3本一気にナイフで刺されたくらいのショックはあったものの、自らナイフを抜いてポイッと出来るくらいまでには成長…したかな…。

 

だが、「落選」という二文字に幾度となく襲われた私にも神様は振り向いてくれたようだ。

 

 

ジャニーズWESTファンクラブ設立!」

 

………◎-◎

 

き、きたぁぁぁ!!!

 

次の日に郵便局へスライディング。

振込用紙一発書き。

ATMへ5000円in!!

 

後は会員証を待つのみ。

 

 

そして、FCが出来た後に行われた

 

・1st ドームライブ 「24から感謝届けます」

 

決まった瞬間は泣いた。

遂にジャニーズWESTもここまで来たか、と。

 

ストックしてある振込用紙、これまた一発書きでまたまた郵便局へスライディング。

 

「お願いします当たってくださいお願いしますお願いしますお願いします………」

 

と、呪いか。とツッコまれるくらい当選祈願をしながら応募しました。

 

 

ドームライブ落選はいくらメンタルが強くなってるといえどさすがに熱出る。

あぁ…どうか神様…私に生の淳太くんを見せてください……お願いします……

 

そんな私の念が神様(事務所)に届いたのでしょう。

 

 

『追加公演当選』

 

 

この時初めて「当選」という文字を見ました。

 

「ああああああああ当選したあああ!!!!」

人様には見せられない様で喜びました。

 

改めてFCの有難みが分かりました。

 

 

 

 

これが

「落選」の二文字で鍛えられた私のメンタルの話

です。

 

 

後半はただの嬉しい話になってますが

 

落選が続いても、いつかは必ず当選する。

ということをお伝え出来れば嬉しいです。

 

 

語彙力の低下が否めない文章でしたが

ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。